景気減速懸念 半導体関連に売り

2022-06-30

30日の東京株式市場で日経平均株価は続落。
終値は前日比411円56銭安の2万6393円04銭。

インフレの抑制を重視する米国の積極的な金融引き締めが世界景気減速の懸念につながり、日中を通して軟調に推移し、半導体関連の売りが目立ち、指数を押し下げました。

米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が29日に欧州中央銀行(ECB)主催のシンポジウムで、より大きなリスクは「物価安定の回復に失敗することだ」と述べ、大幅な利上げなどが世界景気の減速を招くとの警戒感が拡大。

前日の米株式市場でフィラデルフィア半導体株指数(SOX)が2%超下落しており、東京市場でも東エレクやアドテストなどの半導体関連銘柄が軒並み下落。

国内の生産指標も指数下押しの要因になり、取引時間前に経済産業省が発表した5月の鉱工業生産指数(季節調整済み)の速報値は前月比7.2%低下。

QUICKがまとめた民間予想の中央値(0.3%低下)を大幅に下回り、自動車工業や電気・情報通信機械工業などの下落が目立ったもよう。

トヨタの5月の世界生産台数が2カ月連続で前年同月を下回るなど、市場関係者からは「自動車は生産回復のシナリオが見えなくなり、買い材料を失った印象」との見方があり、トヨタやホンダなど自動車株は総じて売られました。

今日の売買
なし

現在のポジション
なし 

▽一日一回ポチっと応援して頂けると嬉しいです。 (。◕‿◕。)ノ
人気ブログランキングへ2 にほんブログ村 株ブログ 株日記へ2

 米景況感悪化、景気敏感株に売り

2022-06-29

29日の東京株式市場で日経平均株価は5営業日ぶりに反落。
終値は前日比244円87銭安の2万6804円60銭。

米景況感の悪化を受けて前日の米株式相場が大幅に下落し、東京市場にも売りが波及し、景気敏感株を中心とした売りで日経平均の下げ幅は一時300円を超えました。

米調査会社カンファレンス・ボードが28日に発表した6月の米消費者信頼感指数は前月から低下し、市場予想も下回り、インフレが進んで景気が減速するとの懸念から、前日の米株式市場では主要株価指数が大幅に下落。

東京市場でも輸送用機器や機械といった景気の影響を受けやすいとされる業種に売りが出て、29日の中国・上海株や香港株の下落も投資家心理の重荷に。

日経平均は28日まで戻りを試し2万7000円台も回復していたため、利益確定を目的とした売りや戻り待ちの売りが出やすく、29日は6月末の配当の権利落ち日にあたり、配当落ちで日経平均は32円ほど下押し。

今日の売買
なし

現在のポジション
なし 

▽一日一回ポチっと応援して頂けると嬉しいです。 (。◕‿◕。)ノ
人気ブログランキングへ2 にほんブログ村 株ブログ 株日記へ2

株式情報
プロフィール

カヨ

Author:カヨ
経済に無頓着な私が、
株式・FXに挑戦!

投資スタイルは基本
「トラリピ投資法」

トラリピとは
トラップリピートイフダンの略で
トラップ(仕掛け)
リピート(繰り返し)
イフダン(自動売買)

M2Jのトラリピは自動売買ですが、
私独自のトラリピは手動です。

これならザラバ張り付かなくてもいいし、楽チントレード♪


コツコツとマイペースで頑張ります。

まだまだド素人ですので、温かく見守って下さいね♪

関西から発信~☆

◆◆◆◆◆使用証券会社◆◆◆◆◆

GMOクリック証券

コメントはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ブログランキングへ1 にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
カレンダー
05 | 2022/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事