米金融引き締め、中国景気不安が重荷

2022-08-31

31日の東京株式市場で日経平均株価は反落。
終値は前日に比べ104円05銭安の2万8091円53銭。

米国の金融引き締めが長期化するとの警戒から売りが先行しました。

景況感指標の低迷で中国景気の先行き不安も意識され、下げ幅は一時280円を超えたが、水際対策緩和による日本経済の正常化期待や円安・ドル高基調が支えとなり、次第に下げ幅を縮小。

中国国家統計局が31日発表した8月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は2カ月連続で景気判断の境目である50を下回り、米国だけでなく、中国景気の先行きへの不安がくすぶり、海運や鉄鋼など景気敏感業種が下落。

売り一巡後は下げ渋り、午前には岸田文雄首相が記者会見し、1日当たり2万人としている現行の入国者数の上限を9月7日から5万人に引き上げると表明。

空運株の物色の手がかりとなり、JALとANAHDは年初来高値を更新。

訪日外国人の需要回復の思惑から三越伊勢丹や高島屋にも買いが及んだもよう。

今日の売買
なし

現在のポジション
なし 

▽一日一回ポチっと応援して頂けると嬉しいです。 (。◕‿◕。)ノ
人気ブログランキングへ2 にほんブログ村 株ブログ 株日記へ2

 自律反発狙いで上昇

2022-08-30

30日の東京株式市場で日経平均株価は反発。
終値は前日比316円62銭高の2万8195円58銭。

米金融引き締めへの懸念から前日に急落した反動で、自律反発を期待した買いが朝方から優勢で、幅広い銘柄に買いが入ったが、上値では戻り待ちの売りも出ました。

米連邦準備理事会(FRB)による大幅な利上げが長期化するとの警戒感から日経平均は前日に700円超下げ、心理的な節目の2万8000円を下回っていたことで、30日は株価指数先物を中心に短期的な戻りを期待した買いや、売り方の買い戻しが入って日経平均を押し上げ。

新型コロナウイルスのオミクロン型に対応した改良ワクチンの接種開始時期について、政府がこれまでの10月半ばから9月に前倒しすると伝わったのも支援材料に。

すでに経済社会活動の正常化が進みつつあるが、市場関係者からは「経済再開に向けてさらに前進する」との声が。

もっとも、日経平均は2万8200円台半ばに位置する25日移動平均に近づくと伸び悩み、FRBが積極的に金融引き締めを続けるとの警戒感は根強く、上値では戻り待ちの売りが出たもよう。

今日の売買
なし

現在のポジション
なし 

▽一日一回ポチっと応援して頂けると嬉しいです。 (。◕‿◕。)ノ
人気ブログランキングへ2 にほんブログ村 株ブログ 株日記へ2

株式情報
プロフィール

カヨ

Author:カヨ
経済に無頓着な私が、
株式・FXに挑戦!

投資スタイルは基本
「トラリピ投資法」

トラリピとは
トラップリピートイフダンの略で
トラップ(仕掛け)
リピート(繰り返し)
イフダン(自動売買)

M2Jのトラリピは自動売買ですが、
私独自のトラリピは手動です。

これならザラバ張り付かなくてもいいし、楽チントレード♪


コツコツとマイペースで頑張ります。

まだまだド素人ですので、温かく見守って下さいね♪

関西から発信~☆

◆◆◆◆◆使用証券会社◆◆◆◆◆

GMOクリック証券

コメントはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ブログランキングへ1 にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
カレンダー
07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事