日経平均2万8000円台回復、金融システム不安後退 

2023-03-31

31日の東京株式市場で日経平均株価は反発。
終値は前日比258円55銭高の2万8041円48銭。

米銀破綻に端を発する金融システム不安が後退するなか、欧米株が上昇した流れを受けて堅調に推移しました。

東証は上場企業に対し、資本コストや市場の評価を意識するよう要請する案を示し、企業の対応に期待する買いも相場を押し上げ。

米シリコンバレーバンク(SVB)が10日に経営破綻して以降、米金融当局の対応もあり市場が懸念したような銀行の連鎖破綻は起きず、欧米の株式相場の戻り基調に合わせ日本株も上昇。

リスク回避の円買いが一巡するなか、円相場が一時1ドル=133円台半ばまで下落し、トヨタなどの輸出関連株を中心に上昇。

朝方に経済産業省が発表した2月の鉱工業生産指数(速報値)は市場予想を上回る伸びとなり、製造業の生産回復への期待が高まったもよう。

東証がPBR(株価純資産倍率)1倍を下回る企業を中心に経営改善を要請する案を示したこともあり、日本製鉄などのバリュー(割安)株の上げが目立ちました。

日経平均は340円ほど上昇する場面もあったが、大引けにかけて上げ幅を縮小。

米連邦準備理事会(FRB)がインフレ指標として重視する米個人消費支出(PCE)物価指数の2月分の発表をきょうに控え、持ち高調整の売りが出たようです。

今日の売買
なし

現在のポジション
なし

▽一日一回ポチっと応援して頂けると嬉しいです。 (。◕‿◕。)ノ
人気ブログランキングへ2 にほんブログ村 株ブログ 株日記へ2

 配当落ちで4日ぶり反落、再投資の思惑で下げ渋る

2023-03-30

30日の東京株式市場で日経平均株価は4営業日ぶりに反落。
終値は前日比100円85銭安の2万7782円93銭。

3月期末配当の権利落ちの影響が相場を下押しし、配当落ちした高配当銘柄を中心に売りが出て、下げ幅は一時250円を超えました。

一方、前日の米株高の流れを引き継いだハイテク株への買いが相場全体を下支え。

日経平均採用銘柄の配当の権利落ち影響は、QUICKの試算で日経平均を257円程度下押ししたとみられるようです。

29日の米株式市場で主要な半導体関連銘柄で構成するフィラデルフィア半導体株指数(SOX)が3%超高と急伸し、市況改善を見込んだ買いが東エレクなど半導体関連の一角に入ったもよう。

午後は徐々に下げ渋り、大引けにかけては急速に下げ幅を縮小し、東証株価指数(TOPIX)型の上場投資信託(ETF)による配当再投資を指摘する声が聞かれ、思惑買いを誘ったとのこと。

今日の売買
なし

現在のポジション
なし

▽一日一回ポチっと応援して頂けると嬉しいです。 (。◕‿◕。)ノ
人気ブログランキングへ2 にほんブログ村 株ブログ 株日記へ2

株式情報
プロフィール

カヨ

Author:カヨ
経済に無頓着な私が、
株式・FXに挑戦!

投資スタイルは基本
「トラリピ投資法」

トラリピとは
トラップリピートイフダンの略で
トラップ(仕掛け)
リピート(繰り返し)
イフダン(自動売買)

M2Jのトラリピは自動売買ですが、
私独自のトラリピは手動です。

これならザラバ張り付かなくてもいいし、楽チントレード♪


コツコツとマイペースで頑張ります。

まだまだド素人ですので、温かく見守って下さいね♪

関西から発信~☆

◆◆◆◆◆使用証券会社◆◆◆◆◆

SBIネオトレード証券

コメントはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
02 | 2023/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事