小幅に続伸 シリア情勢影響は限定的も上値重く

2018-04-16

16日の東京株式市場で日経平均株価は小幅に続伸。
終値は前週末比56円79銭高の2万1835円53銭。

米政府などによるシリア攻撃は「今回の1度限り」との見方が市場で広がり、中東の地政学的リスクへの懸念が一旦後退。

海外勢を中心に、朝方からディフェンシブ(防御的)銘柄への買いが入り指数を押し上げました。

日経平均の日中値幅(安値と高値の差)は104円08銭と、今年に入りもっとも小さく、日本時間で今夜の米株式相場の動向を確認したいとの雰囲気が強く、売買を手控える投資家が多かったようです。

米英仏はシリア時間の14日未明、化学兵器を使用したと断定してシリアを軍事攻撃しました。

ただ、シリアへの攻撃は「一度限り」との米英の政府高官の発言が伝わったことから「株式相場への悪影響は限られる」との受け止めが拡大。

国内株市場で景気の影響を受けにくい食料品や医薬などディフェンシブ銘柄に買いが集まり、日経平均株価は午前に一時、上げ幅が100円を超える場面も。

もっとも午後に入り、上値は重く、中国景気の減速懸念から、中国・上海総合指数や香港のハンセン指数などアジア株式相場が続落。

日本株相場の重荷となり、日経平均株価は午後に一時、下げに転じる場面も。

各種メディアの世論調査で安倍政権の内閣支持率が軒並み低下し、日本の政治情勢に改めて不透明感が広がっていることも「投資家の買い手控えにつながった」とのこと。

現在のポジション
1570 NF日経レバレッジETF 614株

▽一日一回ポチっと応援して頂けると嬉しいです。 (。◕‿◕。)ノ
にほんブログ村へ2


株式情報
プロフィール

カヨ

Author:カヨ
経済に無頓着な私が、
株式・FXに挑戦!

投資スタイルは基本
「トラリピ投資法」

トラリピとは
トラップリピートイフダンの略で
トラップ(仕掛け)
リピート(繰り返し)
イフダン(自動売買)

M2Jのトラリピは自動売買ですが、
私独自のトラリピは一部手動です。

これならザラバ張り付かなくてもいいし、楽チントレード♪


コツコツとマイペースで頑張ります。

まだまだド素人ですが、温かく見守って下さいね♪

関西から発信~☆

◆◆◆◆◆使用証券会社◆◆◆◆◆

ライブスター証券
SBI FXトレード
DMMFX

コメントはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ブログランキングへ1 にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
リンク