米金融政策への懸念後退、1万4500円回復

2013-09-18

18日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に反発。
終値は前日比193円69銭高の1万4505円36銭。

前日の米株高を好感した買いが主力株に先行し、買い一巡後は先物主導で上げ幅を拡大しました。
米連邦公開市場委員会(FOMC)で米国の量的金融緩和の縮小が決まっても、資産購入の減額幅は小幅にとどまるとの見方も相場を押し上げたようです。
中国の上海総合指数など下落して始まったアジアの主要な株式相場の一角が持ち直したことも支えに。

前日の米株式市場でダウ工業株30種平均が3日続伸し、約1カ月半ぶりの高値を付けたことで、日経平均が米株式相場に対して出遅れ感が強くなり、寄り付き後に600枚を超える大口の買い注文が先物に入ったほか、50~100枚単位のまとまった買いが断続的に入りました。

前日に下落した反動もあり、ファストリやソフトバンクなど指数への影響が大きい値がさ株に裁定取引に絡んだ買いが広がり、日経平均は一時1万4600円台と、前日比の上げ幅が300円を超え。

一方、米FOMCの結果公表を日本時間19日早朝に控え、高値圏では利益確定や持ち高調整目的の売りが上値を抑えました。米金融政策が株式相場の波乱になるとの懸念は後退したが、結果を見極めたいとの雰囲気も根強く、日経平均は一時1万4444円まで上げ幅を縮小。

NYダウの上げっぷりは凄いですね~
円安に振れたわけでもないのに日経平均も大幅高。
保有株は全部利確しました。
FOMCも無事通過しそうです。

1570 日経平均レバレッジ・インデックス 9430円 106株売り

現在の保有株
なし  

▽一日一回ポチっと応援して頂けると嬉しいです。 (。◕‿◕。)ノ
にほんブログ村へ



株式情報
プロフィール

カヨ

Author:カヨ
経済に無頓着な私が、
株式・FXに挑戦!

投資スタイルは基本
「トラリピ投資法」

トラリピとは
トラップリピートイフダンの略で
トラップ(仕掛け)
リピート(繰り返し)
イフダン(自動売買)

M2Jのトラリピは自動売買ですが、
私独自のトラリピは一部手動です。

これならザラバ張り付かなくてもいいし、楽チントレード♪


コツコツとマイペースで頑張ります。

まだまだド素人ですが、温かく見守って下さいね♪

関西から発信~☆

◆◆◆◆◆使用証券会社◆◆◆◆◆

ライブスター証券
SBI FXトレード
DMMFX

コメントはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ブログランキングへ1 にほんブログ村へ1 
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク