期初の益出し売りなど重荷となり3日続落

2022-04-01

1日の東京株式市場で日経平均株価は3日続落。
終値は前日比155円45銭安の2万7665円98銭。

前日の米株安や期初の需給要因で利益確定売りが優勢となり、下げ幅は一時400円を超えたが、円安が進行したことなどから次第に押し目買いも入って下げ渋りました。

前日の米ダウ工業株30種平均が利益確定売りで500ドル超下げており、東京市場でも幅広い銘柄に売りが先行。

東エレクやアドテストなど日経平均への寄与度が大きい値がさの半導体株の売りを促して、指数を押し下げ。

日銀が発表した3月の全国企業短期経済観測調査(短観)で、大企業・製造業の先行き業況判断指数(DI)が一段と悪化する見通しとなったのも投資家心理を弱気に傾けたもよう。

3月9日を底に相場は急ピッチで戻りを試していたため、市場関係者からは「新運用年度入りに伴って、国内の機関投資家が含み益のある株式を売却して早めに利益を確保しておこうとする益出しの売りを出した」との指摘が。

売り一巡後は下げ幅を縮小し、日本時間1日の米市場で原油先物相場が節目の1バレル100ドルを一時下回り、投資家心理の支えに。

さらに円相場が一時1ドル=122円台後半まで円安・ドル高になると、輸出採算の改善が意識されて輸出関連株の一角は下げ幅を縮小。

岸田文雄首相は1日午前の参院本会議で、為替相場について「急速な変動は望ましくない」と答弁。

鈴木俊一財務・金融相の同日の会見でも同様の発言があったが、市場関係者からは「足元の円安は(経常収支の赤字など)構造的要因によるもので、けん制する発言が出ても基調は変わりにくい」との声が。

今日の売買
なし

現在のポジション
なし

▽一日一回ポチっと応援して頂けると嬉しいです。 (。◕‿◕。)ノ
人気ブログランキングへ2 にほんブログ村 株ブログ 株日記へ2

株式情報
プロフィール

カヨ

Author:カヨ
経済に無頓着な私が、
株式・FXに挑戦!

投資スタイルは基本
「トラリピ投資法」

トラリピとは
トラップリピートイフダンの略で
トラップ(仕掛け)
リピート(繰り返し)
イフダン(自動売買)

M2Jのトラリピは自動売買ですが、
私独自のトラリピは手動です。

これならザラバ張り付かなくてもいいし、楽チントレード♪


コツコツとマイペースで頑張ります。

まだまだド素人ですので、温かく見守って下さいね♪

関西から発信~☆

◆◆◆◆◆使用証券会社◆◆◆◆◆

GMOクリック証券

コメントはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ブログランキングへ1 にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
カレンダー
10 | 2022/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事