米金利の上昇や中国リスクが重荷となり大幅反落

2022-05-09

9日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に反落。
終値は前週末比684円22銭安の2万6319円34銭。

米国の金融引き締めによる米長期金利の上昇、新型コロナウイルス対策のため経済活動の制限が続く中国景気の先行き懸念、ウクライナ情勢などの悪材料が重荷となり、日中を通して軟調に推移し、ほぼこの日の安値で終えました。

前週末6日発表の4月の米雇用統計は労働市場の逼迫とそれによるインフレ圧力を改めて確認する結果となり、米10年債利回りは3.1%台まで上昇。

主要なハイテク株で構成するナスダック100株価指数は同日1.2%下落、日本時間9日の取引でも先物の「Eミニ・ナスダック100」6月物は一時1%超下落。

成長(グロース)株を中心に金利上昇の逆風が強く意識され、エムスリー、リクルートなどが大きく下落しました。

中国関連銘柄の下げも目立ち、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため上海市で都市封鎖(ロックダウン)が実施されるなど、経済活動の制限が続いているもよう。

景気の先行き懸念からファストリが6%安、コマツが4%安となり、ロシアの対ドイツ戦勝記念日を迎え、ウクライナ情勢が一段と悪化するリスクも重荷となったようです。

ただ、資源関連株の一角は逆行高に。

8日、米欧日など主要7カ国(G7)の首脳はウクライナ支援などについて協議し、ロシア産エネルギーからの依存脱却の方針を示し、資源の先高観は一部の銘柄にはプラスな半面、日本経済全体にはマイナスとの見方が。

今日の売買
なし

現在のポジション
なし

▽一日一回ポチっと応援して頂けると嬉しいです。 (。◕‿◕。)ノ
人気ブログランキングへ2 にほんブログ村 株ブログ 株日記へ2

株式情報
プロフィール

カヨ

Author:カヨ
経済に無頓着な私が、
株式・FXに挑戦!

投資スタイルは基本
「トラリピ投資法」

トラリピとは
トラップリピートイフダンの略で
トラップ(仕掛け)
リピート(繰り返し)
イフダン(自動売買)

M2Jのトラリピは自動売買ですが、
私独自のトラリピは手動です。

これならザラバ張り付かなくてもいいし、楽チントレード♪


コツコツとマイペースで頑張ります。

まだまだド素人ですので、温かく見守って下さいね♪

関西から発信~☆

◆◆◆◆◆使用証券会社◆◆◆◆◆

GMOクリック証券

コメントはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ブログランキングへ1 にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
カレンダー
10 | 2022/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事