売買代金は5.5兆円、プライムで最高

2022-05-31

31日の東京株式市場で日経平均株価は3営業日ぶりに小幅反落。
終値は前日比89円63銭安の2万7279円80銭。

原油価格の上昇により、日本経済への悪影響を警戒する売りが優勢だったが、一方、中国の経済指標で景気悪化ペースに鈍化が見られたことは支援材料となりました。

前日の大幅高を受けて利益確定売りに上値を抑えられ、終日方向感に欠ける展開に。

東証プライムの売買代金は概算で5兆5088億円と、4月の市場再編後で最高となり、株価指数を開発・算出するMSCIによる株価指数への採用銘柄変更に伴う売買が膨らんだもよう。

欧州連合(EU)がロシア産石油の禁輸で合意したことを受け、ニューヨーク原油先物相場が上昇基調となっており、日本時間31日午後の取引で一時1バレル119ドルに接近。

東京市場では石油関連株に買いが入りINPEXは年初来高値を更新。

半面、資源価格の上昇が国内の企業収益や家計を圧迫し、景気減速につながるとの懸念が相場全体の重荷に。

31日に中国国家統計局などが発表した5月の購買担当者景気指数(PMI)は、前月と比べ上昇し市場予想を上回り、中国・上海市が、新型コロナウイルス感染拡大で続けてきた都市封鎖(ロックダウン)を6月1日に解除する見通しとなったこともあり、東京市場で投資家心理の一定の支えとなったようです。

もっとも、日経平均が前日までの2営業日で750円超上昇したことで、短期筋による戻り待ちや利益確定の売りが出て上値は重く、市場関係者からは「2万7500円前後に積み上がる戻り売りを消化できれば、2万8000円付近まで上昇余地がある」の見方が。

今日の売買
なし

現在のポジション
なし 

▽一日一回ポチっと応援して頂けると嬉しいです。 (。◕‿◕。)ノ
人気ブログランキングへ2 にほんブログ村 株ブログ 株日記へ2

株式情報
プロフィール

カヨ

Author:カヨ
経済に無頓着な私が、
株式・FXに挑戦!

投資スタイルは基本
「トラリピ投資法」

トラリピとは
トラップリピートイフダンの略で
トラップ(仕掛け)
リピート(繰り返し)
イフダン(自動売買)

M2Jのトラリピは自動売買ですが、
私独自のトラリピは手動です。

これならザラバ張り付かなくてもいいし、楽チントレード♪


コツコツとマイペースで頑張ります。

まだまだド素人ですので、温かく見守って下さいね♪

関西から発信~☆

◆◆◆◆◆使用証券会社◆◆◆◆◆

GMOクリック証券

コメントはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ブログランキングへ1 にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事