買い一巡後は戻り待ちの売りが優勢に

2014-01-16

16日の東京株式市場で日経平均株価は反落。
終値は前日比61円53銭安の1万5747円20銭。

寄り付き前に内閣府が発表した11月の機械受注では民間設備投資の先行指標である「船舶、電力を除く民需」が前月比9.3%増え、市場予想の中心(1.2%増)を大幅に上回りました。

設備投資関連株に受注増加を好感した買いが先行。
株価指数先物の上昇につれ円相場が1ドル=104円台後半に下げ幅を拡大し、主力の輸出関連株も買われました。
日経平均は前日比132円高の1万5941円まで上げ幅を広げ、大幅安となった14日の下げ幅(489円)を2日間で埋める場面が。

もっとも、買い一巡後は利益確定目的の売りが優勢に。
昨年12月30日に付けた昨年来高値から今月14日に付けた直近安値までの61.8%戻しである1万5959円が接近したことで、戻り待ちの売りが上値を抑えました。

昨年末までの9日続伸を支えた買い方の利益確定目的の売りも出て、先物主導で売りが膨らみ、ファストリが下げ幅を拡大したほか、ファナックも朝高後に売られるなど日経平均への影響が大きい値がさ株に裁定取引の解消に絡んだ売りが広がったようです。

日銀が全国支店長会議でまとめた1月の地域経済報告(さくらリポート)で公表開始以来、初めて全9地域が景気判断を「回復」としたが、好感した買いは限定的。

指値売りしていた注文が、今日のほぼ高値で約定していました。
ラッキィ~o(*^▽^*)o~♪

1570 日経平均レバレッジ・インデックス 11230円 102株売り

現在の保有株
1570 日経平均レバレッジ・インデックス 759株

▽一日一回ポチっと応援して頂けると嬉しいです。 (。◕‿◕。)ノ
にほんブログ村へ2



株式情報
プロフィール

カヨ

Author:カヨ
経済に無頓着な私が、
株式・FXに挑戦!

投資スタイルは基本
「トラリピ投資法」

トラリピとは
トラップリピートイフダンの略で
トラップ(仕掛け)
リピート(繰り返し)
イフダン(自動売買)

M2Jのトラリピは自動売買ですが、
私独自のトラリピは一部手動です。

これならザラバ張り付かなくてもいいし、楽チントレード♪


コツコツとマイペースで頑張ります。

まだまだド素人ですが、温かく見守って下さいね♪

関西から発信~☆

◆◆◆◆◆使用証券会社◆◆◆◆◆

ライブスター証券
SBI FXトレード
DMMFX

コメントはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ブログランキングへ1 にほんブログ村へ1 
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク