反発、米株高で心理改善 原油関連に買い

2018-02-23

23日の東京株式市場で日経平均株価は反発。
終値は前日比156円34銭高の2万1892円78銭。

22日の米国市場でダウ工業株30種平均が上昇し、投資家が注目する長期金利が低下(国債価格は上昇)しました。

投資家心理が改善し、東京市場でも幅広い銘柄に買いが優勢に。

米株式相場の予想変動率を示すとされる変動性指数(VIX)が22日、節目の20を下回り、米国発の株安シナリオへの警戒感が和らぎ、打診買いを呼び込む要因となったもよう。

資源価格の持ち直しも買い材料となり、商品市場でガソリンや原油の先物相場が上昇し、業種別では石油石炭製品や鉱業の上昇が目立ったようです。

ただ、週末を控えて様子見ムードが広がりやすく、買い上がるほどの勢いはなく、円高・ドル安が加速する懸念もくすぶり、市場関係者からは「新規に買いを入れる動きは限られ、買い戻しが中心だった」とのこと。

今日の売買 
1570 NF日経レバレッジETF 19000円 51株 決済売

現在のポジション
1570 NF日経レバレッジETF 664株

▽一日一回ポチっと応援して頂けると嬉しいです。 (。◕‿◕。)ノ
にほんブログ村へ2


 反落、米金利上昇で不安高まる アジア株安も重荷

2018-02-22

22日の東京株式市場で日経平均株価は反落。
終値は前日比234円37銭安の2万1736円44銭。

21日の米株式市場でダウ工業株30種平均など主要な株価指数が下落し、投資家心理が悪化。

海外投資家などが日経平均先物に売りを出したもよう。

21日公表の1月30~31日分の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨を受けて3月の米利上げが意識され、米長期金利が一時2.95%と約4年1カ月ぶりの高水準を付けました。

好景気と低金利が共存する「適温相場」が終わるとの警戒が高まり、株式相場の先行きに対する不安が強まったようです。

JR東日本やJTの下落も目立ち、市場では、米国債の金利上昇(価格は下落)に伴い外債運用に含み損が出た金融機関による年度末に向けた益出し売りが株価を押し下げたとの見方が。

春節(旧正月)の休暇から再開した中国・上海株以外のアジア市場で株価が軟調なことも日本株の買い控えにつながりました。

今日の売買 
1570 NF日経レバレッジETF 18820円 50株 新規買  
1570 NF日経レバレッジETF 18630円 51株 新規買  

現在のポジション
1570 NF日経レバレッジETF 715株

▽一日一回ポチっと応援して頂けると嬉しいです。 (。◕‿◕。)ノ
にほんブログ村へ2


株式情報
プロフィール

カヨ

Author:カヨ
経済に無頓着な私が、
株式・FXに挑戦!

投資スタイルは基本
「トラリピ投資法」

トラリピとは
トラップリピートイフダンの略で
トラップ(仕掛け)
リピート(繰り返し)
イフダン(自動売買)

M2Jのトラリピは自動売買ですが、
私独自のトラリピは一部手動です。

これならザラバ張り付かなくてもいいし、楽チントレード♪


コツコツとマイペースで頑張ります。

まだまだド素人ですが、温かく見守って下さいね♪

関西から発信~☆

◆◆◆◆◆使用証券会社◆◆◆◆◆

ライブスター証券
SBI FXトレード
DMMFX

コメントはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ブログランキングへ1 にほんブログ村へ1 
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
リンク