続伸、円安が支え 自動車上昇、医薬品にも買い

2019-02-20

20日の東京株式市場で日経平均株価は3日続伸。
終値は前日比128円84銭高の2万1431円49銭。

米株式市場が上昇した流れを引き継ぎ、当面の株高を見込んだ海外投資家が株価指数先物に買いを入れました。

外国為替市場で円安・ドル高が進んだのを好感し、自動車など輸出関連株が買わ、非鉄金属など景気敏感株も堅調。

日経平均の上げ幅は午前に一時200円に迫り、外為市場で円相場が1ドル=110円90銭台まで下げると、海外勢が株価先物指数や輸出関連株に買いを入れたようです。

輸出関連や景気敏感株に加え、医薬品、電気・ガス業といった業績が景気の影響を受けづらい「ディフェンシブ銘柄」にも買いが目立ち、市場関係者からは「米中貿易交渉がすぐに進展しない可能性もあり、年初から株価が調整していたディフェンシブ株に押し目買いを入れる動きがあった」とのこと。

日経平均は上値が重くなる場面も。

海外勢の利益確定売りに加え、市場関係者からは「心理的節目の2万1500円に近づくと、個人投資家の戻り待ちの売りが出た」との声が。

今日の売買
1570 NF日経レバレッジETF 18160円 54株 決済売

現在のポジション
1570 NF日経レバレッジETF 53株

▽一日一回ポチっと応援して頂けると嬉しいです。 (。◕‿◕。)ノ
人気ブログランキングへ2 にほんブログ村 株ブログ 株日記へ2

 小幅続伸 海外勢の取引が低調で、売買代金は低水準

2019-02-19

19日の東京株式市場で日経平均株価は続伸。
終値は前日比20円80銭高の2万1302円65銭。

18日のニューヨーク市場が休場で手掛かりが不足する中、方向感の乏しい展開が続いたが、大引けにかけてはやや買いが優勢でした。

海外勢の取引が低調で、東証1部の売買代金は概算で1兆8570億円と1月22日以来、約1カ月ぶりの低水準。

日銀の黒田東彦総裁が19日午後に衆院財務金融委員会で、追加緩和の可能性に言及すると円の対ドル相場が下落。

株価指数先物に散発的な買いが入ったが、続かず、日経平均は前日に約2カ月ぶりの高値を付けるなど高値警戒感が意識されたもよう。

今日の売買
1570 NF日経レバレッジETF 17900円 54株 決済売

現在のポジション
1570 NF日経レバレッジETF 107株

▽一日一回ポチっと応援して頂けると嬉しいです。 (。◕‿◕。)ノ
人気ブログランキングへ2 にほんブログ村 株ブログ 株日記へ2

株式情報
プロフィール

カヨ

Author:カヨ
経済に無頓着な私が、
株式・FXに挑戦!

投資スタイルは基本
「トラリピ投資法」

トラリピとは
トラップリピートイフダンの略で
トラップ(仕掛け)
リピート(繰り返し)
イフダン(自動売買)

M2Jのトラリピは自動売買ですが、
私独自のトラリピは一部手動です。

これならザラバ張り付かなくてもいいし、楽チントレード♪


コツコツとマイペースで頑張ります。

まだまだド素人ですが、温かく見守って下さいね♪

関西から発信~☆

◆◆◆◆◆使用証券会社◆◆◆◆◆

ライブスター証券
SBI FXトレード
DMMFX

コメントはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ブログランキングへ1 にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最新記事
リンク