小幅に反落 森友問題で国政の停滞懸念

2017-03-17

17日の東京株式市場で日経平均株価は小幅に反落。
終値は前日比68円55銭安の1万9521円59銭。

大阪の学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る問題で国政の停滞を懸念する小口の売りが優勢でした。

円相場が1ドル=113円台前半と円高・ドル安の進行が一服したのは投資家心理を支えたものの、3連休を前に様子見姿勢も強かったもよう。

日中の値幅(高値と安値の差)は59円の小ささでした。

「森友学園の理事長退任の意向を示した籠池泰典氏が16日、学校建設に関連して『安倍晋三首相側から寄付金が入っている』と話した」と伝り、海外投資家の関心も高まっているといい、ひとまず売買を見送ろうという空気が拡大に。

今日の売買
ドル/円 113.100円 10000ドル 新規買
ドル/円 112.900円 10000ドル 新規買
ドル/円 112.700円 10000ドル 新規買

現在のポジション
1357 日経ダブルインバース 3934株
ドル/円 30000ドル 買建

▽一日一回ポチっと応援して頂けると嬉しいです。 (。◕‿◕。)ノ
にほんブログ村へ2


 小反発 日米金融政策やオランダ選挙に波乱なく安心感

2017-03-16

16日の東京株式市場で日経平均株価は3日ぶりに小反発。
終値は前日比12円76銭高の1万9590円14銭。

米連邦準備理事会(FRB)は15日まで開いた米連邦公開市場委員会(FOMC)で政策金利を引き上げました。

市場予想通りの結果を受けて前日に米ダウ工業株30種平均が反発したうえ、15日投開票のオランダ下院選挙で与党が第1党を維持する見通しとなり、投資家に買い安心感が拡大。

FRBは3カ月ぶりの利上げに踏み切った一方、年3回という基本の利上げシナリオを維持し、米利上げペースの加速観測が後退しました。

日米金利差が縮小しかねないとの見方から朝方は円高・ドル安が進み、保険などの金融株や自動車といった輸出関連株に売りが出て、日経平均の下げ幅は一時120円を超えに。

半面、押し目買い意欲は強く、市場関係者からは「薄商いのなかでも一部の国内機関投資家や海外勢は買いを入れた」といい、売りが一巡した後に株価指数は上昇に転じました。

午後は日銀の上場投資信託(ETF)買い観測が指摘されると思惑買いが入ったもよう。

日銀が16日まで開いた金融政策決定会合では現状の金融政策を据え置き、株式市場の反応は限定的。

今日の売買
売買はありません

現在のポジション
1357 日経ダブルインバース 3934株

▽一日一回ポチっと応援して頂けると嬉しいです。 (。◕‿◕。)ノ
にほんブログ村へ2


株式情報
プロフィール

カヨ

Author:カヨ
経済に無頓着な私が、
株式・FXに挑戦!

投資スタイルは基本
「トラリピ投資法」

トラリピとは
トラップリピートイフダンの略で
トラップ(仕掛け)
リピート(繰り返し)
イフダン(自動売買)

M2Jのトラリピは自動売買ですが、
私独自のトラリピは一部手動です。

これならザラバ張り付かなくてもいいし、楽チントレード♪


コツコツとマイペースで頑張ります。

まだまだド素人ですが、温かく見守って下さいね♪

関西から発信~☆

◆◆◆◆◆使用証券会社◆◆◆◆◆

ライブスター証券
SBI FXトレード
DMMFX

コメントはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ブログランキングへ1 にほんブログ村へ1 
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
リンク